座位でイチャイチャするカップル

トラブル続きだったテレクラ!時代を経て様々な反省を重ねている

時代の様子をつぶさに反映する週刊誌。皆さんも毎週購入しては様々な記事に目を通されているのではないでしょうか。エッチな記事から真面目な記事、ゴシップ記事まで何でも取りそろえているのが週刊誌の特徴です。

昔はテレクラの内部事情に関してもたくさん報道されていました。

犯罪の温床になっていたことは事実だった

特に週刊誌でテレクラのことを報じるときには「犯罪の温床」という言葉が用いられました。テレクラの経営者としては「そんなことは無実だ」とお考えになった方もいますし、「事実をそのまま報道するなよ」と嘆かれた方もいらっしゃったのです。

男女の欲望が渦巻く世界、犯罪の温床が事実だったことはいうまでもありません。

法律の規制の強化、運営側の姿勢の変化

いつまでもその状態を放置するわけにもいきませんから、国も法律の規制の強化を図りました。また、運営側も悪いことをすれば当然逮捕される恐れがあるのですから、悪徳な業者がどんどん退出していったのです。

最終的に現在でも運営を続けているところは、厳選されたところといえるかもしれません。

利用者側にも厳しい制裁が待ち構えるようになっている

また利用者側にも制裁が下るようになったのが現在の特徴です。未成年者との関係が厳しく規制されるようになり、テレビニュースでも社会的制裁が与えられます。

つまり、悪いことをしてはいけないという利用者側の意識改革があったといえるでしょう。

時代が変わったからこそ安全に利用できる時代

膿を出すとは申しますが、テレクラも寒い冬の時代のようなときがあったからこそ現在安全に利用できるといえるのではないでしょうか。

今でこそ残っている会社はいろいろな荒波を乗り越えているのです。